HOME >> 矯正歯科・インプラントニュース >> 簡単ではない喜多見 歯科が治療を再確認

簡単ではない喜多見 歯科が治療を再確認

01.jpg

実は、色々なインプラントの治療の失敗の方を拝見すると、喜多見 歯科の地域でうわさになっているのですが、驚きの事実なのですが、全くそう言う事に対する歯科治療医の配慮がされていない、

そして、お口の中がプラークが全体的に付着している方を治療を進める上で見る事が多くてとてもビックリするのです。

そして、お話などを伺うと、喜多見 歯科の歯医者でも驚きなのですが歯周病の治療とか歯肉の状態のコントロールやメンテナンスについても実に何も話されていない方がとても多くて、開いた口がまったく塞がりませんね。

患者さんのインプラントは、歯医者でも当然そうなのですが、歯肉を貫いて骨に植立されているものです。

ですが、歯肉が健康で綺麗な状態に保たれていれば、炎症もまったく起きず、骨も溶けるような事はとても少ないでしょう。

ですが、実際驚きなのですが、そう言うメインテナンスがまったくされていなければ、インプラントの周囲の骨は、実に簡単に溶けてしまいます。

歯医者のインプラント・歯の矯正歯科ニュースへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。