HOME >> 矯正歯科・インプラントニュース >> 東京のインプラント専門医でも使用されています

東京のインプラント専門医でも使用されています

"スクリュータイプ"はインプラントの直径が先端に行くほど細くなってねじのような形をしているために、埋め込む穴が小さくて済み力を効率よく骨に伝えることができ、咬む力も均等に伝えることができるメリットから現在の主流となっており東京のインプラント専門医でも使用されています。

2つ目は、"シリンダータイプ"です。

このタイプはねじの付いていない円筒形で、インプラントを埋め込む際には穴を開けて槌のような器具を使って打ち込むだけで済みますが、表面がフラットな構造をしているので"スクリュータイプ"に比べると骨との接合面積がかなり小さく、強度もやや劣ると言われています。

とはいえ、土台となる歯槽骨をしっかり整えてから埋め込む"2回法"の場合はさほど問題にはならないと東京のインプラント専門医も考えています。


歯医者のインプラント・歯の矯正歯科ニュースへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。