HOME >> 矯正歯科・インプラントニュース >> 歯科衛生士求人している歯科医師にて骨とインプラント

歯科衛生士求人している歯科医師にて骨とインプラント

インプラントの埋め込みにはある程度の骨幅必要となりますが、不足気味な場合で「3mm程度の幅はあることと、海綿骨が残っている」という条件が満たされた場合この方法を用いることができます。

5つ目の"ボーングラフト"は、別名"骨移植"とも言われ、歯槽骨が吸収された部分に骨移植用のブロック骨を入れて動かないようにスクリューで留め、周囲の隙間には骨補てん剤や削ったあとに出た自家骨などを詰め込んで安定性を良くします。

そして、移植した骨が歯槽骨と完全に同化したら通常のインプラントを埋め込み、次は歯科衛生士求人している歯科医師にて骨とインプラントが同化するのを待ちます。


歯医者のインプラント・歯の矯正歯科ニュースへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。