HOME >> 矯正歯科・インプラントニュース >> 東京世田谷矯正歯科では最新機器の開発により軽減

東京世田谷矯正歯科では最新機器の開発により軽減

技術の素晴らしさ≪その2≫

"骨造成法"の2つ目"ソケットリフト"は、インプラントを埋め込む部位の"骨の幅"は十分にあって "高さ"が少し不足している場合に用いられる方法で、これまでは上顎洞の下側から歯槽骨に穴を開けてその穴に入れたインプラントを"オステオトームテクニック"という手法を用いて槌のような器具で叩きこむという処置が行われていました。

この手術自体は"サイナスリフト"よりも患者に与える肉体的負担は少ないのですが、精神的負担はむしろ"ソケットリフト"の方が大きいと言われてきました。

けれども最近ではこの負担も、東京世田谷矯正歯科では最新機器の開発によってかなり軽減することができるようになりました。


歯医者のインプラント・歯の矯正歯科ニュースへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。