HOME >> 矯正歯科・インプラントニュース >> インブラントと骨との接合

インブラントと骨との接合

6ヶ月前後経って、骨補てん剤は天然骨と同じ役割を果たすことができるようになったら理想的な位置にインブラントを埋め込んで、今度はインブラントと骨との接合が行われるのを待ちます。

インブラントの治療ではこの期間が非常に重要で、接合が完全に行われていない状態で人工歯冠やアバットメントという歯の土台を取り付けてしまうと、使っているうちにやがて抜け落ちてしまうようになります。

この後で再び新たなインブラントを埋め込むというのは、時間がかかるだけではなく成功する確率も低くなってしまうと言われています。


歯医者のインプラント・歯の矯正歯科ニュースへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。