HOME >> 矯正歯科・インプラントニュース >> 東京世田谷インプラントで行っている"サイナスリフト"

東京世田谷インプラントで行っている"サイナスリフト"

そして、インプラントの治療に関係するのが"上顎洞"で、この空洞は"上顎洞膜(シュナイダー膜)"という粘膜に取り囲まれているのですが、この膜は歯槽骨にぴったりと張り付いていて歯が抜け落ちて骨の吸収が進んで薄くなるとそれに伴って下がって行き、その結果上顎洞も拡大してしまうのです。

埋め込まれたインプラントは歯槽骨の中に埋め込まれて骨としっかり結合していなければなりませんが、骨の高さや幅が足りないとインプラントがこの空洞に突き抜けてしまって完全な埋め込みを行うことができません。

そこで東京世田谷インプラントセンターで行っている"サイナスリフト"では、歯槽骨の横から"上顎洞膜"を傷つけないように慎重に穴を開けて歯槽骨から膜を剥がして上に押し上げ、そこに新たな空洞を作り人工骨や骨補てん剤をたっぷり入れてゴアテックスなどの膜で覆い、歯肉を元にもどして縫合します。


歯医者のインプラント・歯の矯正歯科ニュースへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。