HOME >> 矯正歯科・インプラントニュース >> 砧歯科で行っている"骨造成"

砧歯科で行っている"骨造成"

技術の素晴らしさ≪その1≫

「骨が少ないのでできません」......こう言われてインプラントの治療を断られていた人がこれまでは何人もいましたが、今では"骨造成"の技術の進歩によって骨の少ない人でも可能になりました。

砧歯科 歯医者で行っているは、"骨造成"にはどのようなものがあるのかをご紹介して行きましょう。

まず1つ目"サイナスリフト"は別名"上顎洞挙上術"とも言われ、その名の通り"サイナス(上顎洞)"+リフト(持ち上げる)という2つの言葉が組み合わさって付けられた治療名で、"骨造成"のための代表的な治療法の1つとなっています。

私たちの上顎の奥歯の部分には"副鼻腔"という鼻腔に隣接した空洞があり、"前頭洞"、"篩骨洞"、"蝶形洞"、そして"上顎洞"という4つから成り立っています。


歯医者のインプラント・歯の矯正歯科ニュースへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。