HOME >> 矯正歯科・インプラントニュース >> 千歳船橋歯科では治療が開始

千歳船橋歯科では治療が開始

"骨粗鬆症"はカルシウム不足が原因となって骨の密度が減少し、骨がスカスカになって折れやすくなってしまう病気ですが最も多いのは50代以降の閉経を迎えた女性に発症する"閉経後骨粗しょう症"や高齢者に多い"老人性骨粗鬆症"で、これらの場合骨の厚みや幅などがインプラントの埋め込みに耐えられない場合、以前はインプラント治療を受けることができませんでした。

ところが千歳船橋歯科 歯医者のインプラント技術のめざましい発展により、最近では足りない骨を補う"骨造成"という治療と併用することによって、たとえ骨の厚さが1mm~2mmしかない場合でも可能になりました。

他にも治療前の検査の段階で歯周病が見つかった場合には、歯磨きの徹底と歯石の除去を行って症状が悪化するのを食い止め、その時点で骨が不足していれば"骨造成"を終えてから千歳船橋歯科では治療が開始されます。


歯医者のインプラント・歯の矯正歯科ニュースへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。