HOME >> 矯正歯科・インプラントニュース >> 狛江 歯科であっても膜は再生させることができません

狛江 歯科であっても膜は再生させることができません

そして厚みが50ミクロン程度のこの膜には神経が通っていて、私たちの噛む力を制御したり、歯に加わった力を干渉したり、噛む感覚や歯に物が触れた時の感覚を認知させてくれるという役割を果たしているのですが、狛江 歯科であっても入れ歯やブリッジ同様に"インプラント"でもこの膜は再生させることができません。

そのために従来の治療法に比べたら微々たる欠点ではありますが、"感受性"が天然歯の1/10ほどに低下します。

けれども噛む力がこれまでの天然歯と変わらなかったり、健康な歯に負担をかけて痛めたりすることがなかったり、狛江 歯科でも口の中の違和感が全くと言って良いほどなく、見た目も機能も自分の歯と同じように働いてくれるので"入れ歯"や"ブリッジ"に比べるとその満足度には大きな違いがあります。


歯医者のインプラント・歯の矯正歯科ニュースへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。