HOME >> 矯正歯科・インプラントニュース >> 経堂歯科で治療しても

経堂歯科で治療しても

けれども、食べ物を噛む時に加わるような縦向きの力に対しては強いのですが、横から加わる力に対しては非常に弱いといった性質をもっているので、噛むたびに横に動いたり、食べ物が入れ歯の下に入り込んでしまったりすることもしばしばあります。

次に"ブリッジ"というのは、歯の抜けた部分を両脇の歯をつないで橋わたしすることによって補う治療法で、両隣の歯を削ってそこにかぶせ物をして固定させるために、経堂歯科 歯医者で治療してもこの支えている健康な歯に負担がかかったり、歯茎が下がってかぶせ物との間に隙間ができると虫歯になりやすくなるという問題点をかかえているのですが、入れ歯に比べると異物感もなく取り外してお手入れする必要もないので気軽に行われてきました。


歯医者のインプラント・歯の矯正歯科ニュースへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。