HOME >> 矯正歯科・インプラントニュース >> 歯を失った場合世田谷歯科では

歯を失った場合世田谷歯科では

たとえば"歯"というのは噛み合わさっていた歯がなくなると、まるでその隙間の部分に入り込むように伸びてきたり、隣の歯がなくなると抜けた場所に傾いてきたり、まるで意思をもった生き物のように変化し始めて徐々にバランスを崩していきます。

インプラントの技術が開発されていない時代には、歯を失った場合世田谷歯科では、"入れ歯"と"ブリッジ"という2つの治療法しかありませんでした。

まず"入れ歯"は世田谷歯科でも、再び噛むことができるというのが大きな目的ですが、残った歯がおかしな方向に動いて噛みあわせが狂ってしまうのを防いだりする役割も担っています。


歯医者のインプラント・歯の矯正歯科ニュースへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。