HOME >> 矯正歯科・インプラントニュース >> 成城 歯医者が語る美しい口元の基準

成城 歯医者が語る美しい口元の基準

美男・美女の条件

昔から中国や日本では美人のたとえとして"明眸皓歯"という言葉が使われてきました。

これは、もともとは唐の玄宗の妃で安史の乱で非業の死を遂げた"楊貴妃"のことをしのんで、唐の詩人が作った言葉だと言われていますが、彼女のように「美しく澄んだ目と白くて美しい歯並び」と、今では美人を形容するのになくてはならない言葉の1つとなっています。

人がコミュニケーションをとろうとするときには、相手の"目"と"口元"に意識が集中すると言われます。

そして成城 歯医者が語る美しい口元の基準に関して言えば、「顔の中心線に対して左右対称であること」、「笑った時の歯が白くて美しく、しかも口角が上がっていること」、「顔を真横から見たときに鼻の尖端と唇の先、それに顎をつないだ線がきれいな直線を描くこと」、「笑った時に下唇の内側のラインと上の歯の先端を結ぶラインの角度が同じであること」、「笑った時に上唇の内側のラインが、男性の場合は直線に近いゆるいカーブを、女性の場合は丸みを帯びたゆるいカーブを描いていること」などという条件があります。


歯医者のインプラント・歯の矯正歯科ニュースへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。